アーティスト:ga
  1. ホーム
  2. ARTISTS
  3. ga

智乃-chino-&GalleryArtsoup

智乃-chino-
平成生 8/26 群馬県生まれ群馬県育ち、在住。
東日本デザイン&コンピュータ専門学校 デザイン学科 アートクリエータコース卒。

イメージ×ワード=詩画。
言葉から絵の着想を得たり掛け合わせる為「詩画作家です」と自己紹介することが多い。
定まりにくい、口に出しにくい意識・感覚・感情・考えなど、 人が持つ鬱屈した内面世界を作品に表す。
薄紫・髪の長い/涙を流す女性像を多用しつつ、手法問わず イメージ×ワード を試みる。
手書き絵・デジタル絵・文章・自由詩・
展示装飾(インスタレーション)・デザイン・写真(時々本人が紛れ込んだり撮られてみたり)・(機会があれば)朗読やライブペイント等。
機会があると色々してみる傾向あり。

——————————————

【コンセプト】
明るいとは言い難い鬱屈した感情・考えなどが元になっているが、
「暗さ」は「潜んでいる」という考えや表現から、
それらを暗い色彩であえて表すことなく、
淡めのぼんやりした色彩で表現することが多い。

また、正面からパッと見ただけではわかりにくい
視覚効果を取り入れた作品も数多く制作。
角度・光の加減を変えて見ることで、
「それまでとは違う感じ方ができるように」という意味を込めている。

初個展「色葬観」以降は、展示空間全体を作品中心に装飾する
インスタレーションに近いスタイルを取ることが多い。

過ぎたとしても、少しは潜められるようになったとしても、
「朝」と「夜」、「光」と「闇」、「白」と「黒」、「火」と「水」、
受け入れられやすい「明るさ」と相反する要素として存在するモノ。
「嫌い」「苦手」「こわい」と言うくせに、
それでも目を向けてこねくり回しているモノ。
そこからほんの少しでも違う意味を与えてくれそうな手段。
さてなんだろう。と考えながら。

  • ga告知画像1
  • ga告知画像2
  • ga告知画像3
  • ga告知画像4
  • ga告知画像1
  • ga告知画像2
  • ga告知画像3
  • ga告知画像4